2020.01.09

CATVはマンションでも使える?

テレビやインターネット、電話サービスが楽しめる「CATV(ケーブルテレビ)」。戸建てではよく使われているイメージですが、実はマンションでも利用できるって知っていましたか?

ケーブルテレビだとしても、他のインターネット回線である光回線などと同様、戸建てタイプとマンションタイプの2種類が存在するのが普通です。

今回はそんなCATVのマンションタイプについて詳しくみていこうと思います。

賃貸マンションで、最初からCATVがついている場合

引っ越しが決まり、賃貸マンションやアパートの物件を探している場合、たまに見かけるのが「無料インターネットつき」の物件です。

このタイプは、そもそもオーナーが建物全体でインターネットに加入契約している場合で、入居者自身では別途インターネットに加入しなくても入居してすぐにインターネットが使えるという物件になります。

このケースでは、入っているインターネットサービスは、光回線、ケーブルテレビ、ADSNなどブロードバンド、ダイヤルアップ接続など様々です。

ケーブルテレビに加入しようと思っていてしかも運よくオーナーが加入してくれていた場合はとてもラッキーです。

インターネット料金は通常月々3,000円~ほどはかかってくるのですがその部分がカットされ、ランニングコストが安く済みますね。CATVの特徴として、インターネットだけでなく固定電話サービス、テレビも同時加入できるので大変便利です。

インターネット回線を別途契約しなければいけない場合

賃貸マンション、アパートであっても、基本的にはインターネットや電話、テレビサービスというのは別途加入しなければならない場合がほとんどです。

この場合、ケーブルテレビなら1回線に契約することですべてのサービスが受けられるのでお得。

ネット、テレビ、電話とそれぞれ別々のサービスに加入しなければならないとなるとそれだけで負担ですが、支払いもまとめられるケーブルテレビはマンションにもうってつけですね。

目安として、電話、テレビ、インターネットをすべてまとめる場合、マンションタイプだと5,000円~がかかります。

まとめ

以上この記事ではCATV(ケーブルテレビ)のマンションタイプについて詳しく解説しました。お読みいただきありがとうございました。

トップページ | お役立ちコラム | 運営者情報・ランキングについて | コンサルタントに相談する