2020.01.09

光回線とは?プロバイダとは?

インターネットと言えばやはり光回線ですよね。

ケーブルテレビやモバイルWi-Fiという選択肢もありますが、光回線なら高速で快適なインターネットが楽しめます。

しかしそんな光回線、そもそもどういう仕組みでインターネットができるのでしょうか?

また良く耳にする「プロバイダ」についても言葉の意味が良くわからないまま使っていませんか?

今回は光回線とプロバイダについて詳しく解説していこうと思います。

光回線とは

光回線とは、光ファイバーケーブルを戸建て住宅や集合住宅など建物に引き込みすることによって、その建物においてインターネットやテレビ、電話を楽しむことができるようにする仕組みです。

光回線が使えるようにするには基本的に専門の事業者による光ファイバーケーブルの引き込み工事が必要となります。

光ファイバーケーブルの特徴として、従来のケーブルに比べ非常に速度が高速で、なおかつ安定した通信の供給を可能にするということが挙げられます。

ダイヤルアップ接続など従来の低速の方式でしかインターネットができなかった時代に比べれば、現代の光回線通信技術により大変快適にインターネットができるようになったと言えますね。

プロバイダとは

インターネットを楽しむために必ずインターネット回線とセットで必要になるのが「プロバイダ」です。

正式名称は「インターネットサービスプロバイダー」で、その頭文字をとってきて「ISP」と呼ばれることもあります。

プロバイダがなく光回線だけだと、せっかく部屋にまで光ファイバーケーブルが届いているのにインターネットができない、ということになりかねません。

プロバイダーがあって初めてIPアドレスと呼ばれるものが付与されることでインターネットの閲覧が可能になります。

現在では光回線とプロバイダをセットで加入ができる

ここまで光回線とプロバイダについて説明してきましたが、現在光回線を申し込みするにあたって光回線とプロバイダを別々で申し込みする必要はありません。

「コラボ光」というものが主流になってきた昨今は、インターネット回線とプロバイダとをセットで加入することができ、料金も一体型となっています。

さらにスマホとの割引なども適用できるものが増えてきたので大変お得に光回線でのインターネットを楽しむことができるようになりました。

まとめ

以上この記事では光回線とプロバイダについて詳しく解説しました。

お読みいただきありがとうございました。

トップページ | お役立ちコラム | 運営者情報・ランキングについて | コンサルタントに相談する