2020.01.09

プロバイダーとは何?プロバイダーについて徹底解説!

光回線などのインターネット回線を契約するにあたって必須となるのが「プロバイダー」です。

この記事ではプロバイダーとは何か、なぜプロバイダーが必要なのか、おすすめのプロバイダーはどこなのか等について解説していきたいと思います。

プロバイダーとは「インターネットサービスプロバイダー」の略称

プロバイダー(またはプロバイダ)の正式名称は「インターネットサービスプロバイダー」です。

またその頭文字をとってきて「ISP」とも呼ばれます。

プロバイダーについて説明するときは水道に例えるとわかりやすいと言われています。

インターネット回線が「水道管」で、プロバイダは「蛇口」にあたる、というものです。水道管だけあっても水を使うことができず、蛇口だけあってももちろんダメなように、インターネットとプロバイダも必ずセットでないとインターネットで動画やネットサーフィンを楽しむことができません。

最近はセットでの加入が主流

昔はインターネット回線とプロバイダーを別々で加入しなければならないことが多かったのですが、現在はインターネット回線とプロバイダーを同時加入するスタイルがほとんどです。

NTTフレッツ光回線を使って、各プロバイダー会社が提供する「コラボ光」(光コラボレーション)と呼ばれるものがたいへん多くなってきました。

代表的なものとしてSoftbank光、ドコモ光、So-net光、BIGLOBE光、ぷらら光、excite光などがあります。

またauひかりはauKDDIが独自に持っている回線であることもあり、プロバイダーもKDDIが提供しています。

プロバイダーだけで契約する時代は終わった

過去にはプロバイダーだけで契約することもできましたが、今やコラボ光の登場によりほとんどその必要はなくなりました。

しかもインターネット回線のフレッツ光と、それに対応するプロバイダーとを別々に契約するよりも、コラボ光でセット申し込みした方が全体の料金が安くなることがほとんどです。

プロバイダー単体で契約する時代は終わったと言っても過言ではないでしょう。

まとめ

以上この記事ではプロバイダーとは何かについて詳しく解説しました。

皆さんがインターネットを契約する際の参考にしていただければ幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

トップページ | お役立ちコラム | 運営者情報・ランキングについて | コンサルタントに相談する